はりま酒文化ツーリズム

井澤本家

井澤本家

手造りの酒造りを支えるのは、二本の井戸の軟水、
「倭小槌」は自家栽培の酒米を使用、丁寧な酒造りで旨みとコクを醸す。

のどかな風景の中に、昔ながらの造り酒屋、絵になりますね。

井澤本家
昔ながらのお屋敷、「倭小槌」のこも樽が
造り酒屋の目印。
5代目当主の井澤孝泰代表

この稲美町は古くは万葉集にも登場し、米どころとして有名です。

稲穂が豊かに実る風景がよく似合う風土で、明治16年(1883年)に創業しました。
私で5代目になります。

弊社の歴史をふり返れば、量産化の時代背景のなかで、機械化を進めた時期もあったのですが、平成になって、職人の感性を生かした昔ながらの手造りに戻りました。

弊社の理念は「品質第一」。
やはり地酒には手造りが一番、人間の経験と勘なくしておいしいお酒はできません。

代表銘柄の「倭小槌」はどんな特徴がありますか?

井澤本家
清潔が保たれた製麹室。仕込みの時期には
静かなる活気に満ちる空間だ。

先代が昭和15年、ちょうど日本が紀元2600年を迎えて盛り上がっていた年に名づけた銘柄です。
「倭」は日本、「小槌」は願いがかなう打ち出の小づちを指していまして、「日本がより豊かに発展するように」との思いがこもっています。

仕込みに使う酒米はできるだけ地元、稲美町産のものを使います。
やはりこの土地の酒の味は、同じ土地のものを合わせるのが一番相性がいい。

そして「倭小槌」に欠かせないのは敷地内にある二本の井戸水。うちの水は軟水の名の通り、やわらかい。
井戸水で仕込みますと、ゆっくりゆっくり発酵するのがいいのだと思いますが「コクがあってやわらかな味に仕上がります。

旨みや甘みのある味ですが、のど越しはあっさりすっきり。少量でも満足していただける日本酒らしい酒です。
「倭小槌」は今までに全国新酒鑑評会で金賞を11回いただいたことがあります。

厳選した素材を使っているのですね。

井澤本家
敷地の前に広がる井澤本家の自家水田。
おいしい日本酒造りはここから始まる。

ここは米どころですし、土地の味を出すためには、やはり土地の米をということで、敷地前の約1ヘクタールの水田で、酒米を自家栽培しています。

家族総出で面倒を見ますが、米作りはなかなか難しい。
それでもおいしい酒をとの思いで栽培を続けています。

「倭小槌」は、今まで地元の方を中心に大切にしてきてもらった日本酒ですから、地元の方の舌に響く日本酒のために、素材から取り組んでいきたいと思っています。

息子さんが跡を継がれるそうですね。

井澤本家
「倭小槌」シリーズは種類も豊富。吟醸系や熟成タイプ、
本醸造など、好みに合わせて選びたい。

ゆくゆくは戻ってきた息子にオーナー杜氏として、自家水田で栽培した酒米で仕込んでもらえるように考えています。昨シーズンから、長年来てもらっていた杜氏が来られなくなりましてね。

急きょ、大手メーカーで酒造りをされていた方に手伝いに来てもらって、息子と私と3人で仕込みました。
大手さんだと勝手が違うのかなと思っていたのですが、大手には大手のすばらしいやり方がありまして、大変勉強になっています。

「おいしいお酒を造りたい」という思いは一緒ということがよくわかり、心強いですね。
うちは小さい蔵ですが、将来的にはオーナー杜氏制でうちらしい味の酒が造り続けられるよう、息子と一緒にがんばっていきたいですね。