はりま酒文化ツーリズム

播磨地域は日本酒のふるさと 日本酒が生まれた地、播磨 日本酒造り

 「神様にお供えしたご飯にカビが生えてきたので、
それでお酒を作って、神様に献上し宴を行った」
 これは、およそ1300年前、奈良時代に編纂された
「播磨国風土記」の中の一節です。
 日本で初めて麹を使って日本酒を造ったといわれて
いる記述で、この場所は、現在の兵庫県宍粟市にある
庭田神社と考えられています。
現代の日本酒の製造方法は、播磨にその起源を見る
ことができる、つまり「播磨は日本酒のふるさと」です。

大吟醸 最高級の酒米「山田錦」誕生の地、播磨

 播州平野は、酒米の王様「山田錦」
発祥の地です。山田錦は、大正12年(1923年)に
北播磨で誕生しました。
 播磨の土壌で育った山田錦は、特に質がよく、
大粒で米の中心に心白があり、タンパク質が
少ないため、品質の高い日本酒が生まれます。
山田錦の全国生産量の8割を占める最大の産地
ということからも、「播磨は日本酒のふるさと」
です。

日本一の酒豪「母里太兵衛」の出身地、播磨 もりりぃ

 2014年NHK大河ドラマの主人公、黒田官兵衛の24将の一人
「母里太兵衛」は播磨出身です。黒田節に歌われる名槍「日本号」を
福島正則から呑みとった逸話で知られるこの「日本一の酒豪」が
播磨出身であることからも、「播磨は日本酒のふるさと」です。

はりま酒文化ツーリズムの最新情報