はりま酒文化ツーリズム

本田商店

本田商店

「山田錦」を極めた大吟醸のパイオニアに磨かれて、
純米酒は新たなるチャレンジへ。

「うまい酒はうまい米から」と「山田錦」を極めた日本酒作りをされていますね。

株式会社 本田商店
三代目の代表取締役会長 本田 武義さん

弊社『本田商店』は江戸時代は元禄年間より、この播州地方で酒作りにたずさわってきたという歴史があります。

弊社の主なブランド名は「龍力」です。吟醸酒作りを始めたのは昭和45年。
三代目の私が、日本酒の未来を見据えて取り組み始めたのですが、以来、吟醸酒のパイオニアとしての自負のもと、技術の研鑽、素材の研究を重ねてまいりました。

地元にあるうまい米や水といった環境が、私たちの酒作りを支えてきてくれたわけですが、「うまい酒はうまい米から」と言われるように、うまい酒を作ろうとする思いが自然と地元米「山田錦」を極めることにつながったのだと思います。

特に「山田錦」には徹底してこだわっています。
使用する「山田錦」は地元播州産のなかでも、最高級品質の特Aランクのもの。
「山田錦」へのこだわりは、大吟醸の頂点を目指す私たちの思いそのものなのです。

龍力ブランドの大吟醸の魅力はどんなところですか?

株式会社 本田商店
酒作りの心臓部分である製麹室

私たちの技術と情熱を注ぎ込んでいる大吟醸ですが、最高級品『純米大吟醸 龍力 米のささやき 秋津』は、もっともすぐれた山田錦が採れる田んぼまで極めました。

たどりついたのは加東市秋津で、農家と専属契約を結んで田んぼも限定しています。
この田んぼからできる山田錦を玄米から時間をかけ、細心の注意を払って、35%まで精米していくのですが、感動するほどに美しく、それはまるで真珠のようなのです。
自信を持っておいしい酒ができると思える素材です。

ワインのロマネコンティなどでも、その地方のどこの田んぼのものかで、できあがるワインの品質はぜんぜん違ってきます。
日本酒でも同じことなのです。

このこだわりの米からできる大吟醸は、究極のまろやかさを持っていると言えます。

日本酒で大切な「香り、コク、キレ」のどれもが絶妙のバランス。
よく「日本酒のロマネコンティのようだ」とおほめいただきます。
最近では海外、特に香港でも人気が出ているんですよ。

2012年に新しいラインナップがデビューしたそうですね。

株式会社 本田商店
取締役五代目蔵元 本田 龍祐さん

はい、五代目の私が企画した「ドラゴンシリーズ」です。

これは大吟醸の王道を極める龍力の酒を、日本酒愛好家のためだけでなく、一般的なシーンに落とし込んで、もっと親しんでもらいたいと思ったところからスタートしています。
ですから日本酒の「香り、コク、キレ」の3要素を5つのコンセプトごとに強弱をつけ、さらにボトルのカラーやラベルのデザインでメッセージ性を高めて展開しました。

例えば
「ワインの代わりに洋食とあわすなら『青』」、
「和食にはすっきりとした『黒』」、
「花見などの屋外なら常温でおいしい『緑』」
といった感じです。

このラベルも日本酒っぽくないですよね。

それも私の話に興味を持って、話にのってくださったデザイナーさんがいて、コンセプトに基づいて、ストーリー性のあるデザインにしてくれました。

こんなラベルなら、日本酒離れしている若い世代の人たちの目に留まるはず。
ラベルのデザインに力があるので、商品名によくある筆文字やひらがなも使っていません。

王道を追求しながらも、一歩踏み出したチャレンジをする。
私は龍力の魅力を新しい解釈で、日常のシーンに広げたいと考えています。

これからの目標を教えてください。

株式会社 本田商店
貯蔵庫

今、日本酒は日本独自の酒であるのにシェアが低い時代です。
普段、日本酒を飲まない人でも、おいしい日本酒を飲めば「おいしい!」とわかるのに、進んで飲もうとしていないのはなぜなのでしょうか。

もう一度言いますが、日本酒はおいしいのです。でも飲まれない。
その理由に真剣にアプローチしなければ、一部の「味のわかる」人だけのものになってしまうと思います。

それでは本当にもったいない。
王道を極めるパイオニアの龍力だからこそ、日本酒の新しい価値観を提案し、魅力を広げていかなければならないと感じています。
ドラゴンシリーズは飲食店などの業界の方がおもしろいと感じてくださり、多くの店舗で取り扱ってもらっています。

まだまだこれからですが、どんどんチャレンジしていきたいですね。